ウイスキー ラバーズ 2018 終了

そういえば先日、吹上ホールで開催されたウイスキーラバーズの方、大盛況でビックリしました。↑ポーズバンクじゃなくて、ローズバンクです。イギリスの酒屋向けのウイスキーですね。僕も昔扱った記憶がありますが、軽やかな草っぽい香りと蜜っぽい甘さのある美味しいローズバンクでした。当店にあるローズバンク21年は樽を合わしてあるウイスキーですが、シングルカスクのリフィルシェリー樽のローズバンクは鉄板ですね。
名古屋市長とかも来ていたので、力の入り方が違う感じでしたね。

僕もひたすら指導受けながら働いていました。(お手伝いなので賃金はありません)

ウイスキーフェアのボウモア1968.後半1時間ぐらいは有料試飲を急いでしてしまって気が付いたら1万円以上使っていました。なんだか飲んでしまいますねー。

僕も15年前からウイスキーはストックしているので、多少残っていますが、やはりノンピート開店時期にかなり消費してしまったので、往年の懐かしいボトル達をみると心躍ります。

鉄板ですが、ボウモアの60年代とかの不思議な南国感の香味やうっとりするような長熟の陶酔感はもう感動ですね。


ロングモーンもたくさん飲んできました。かなり樽感の強いウイスキーを立ちながら飲むのは勿体無いなー。と流し込むように飲む事にいろいろ考えていました。

山岡BARではやっぱりたくさん飲んでしまいました。スぺイサイドリージョン43年もなるほどな。なウイスキーでした。樽は聞けませんでしたが、やっぱりオロロソ、ペドロヒメネスが光る当たる時代に。フィノシェリーのファークラスなんかは少し追っかけてみたいと思っています。

↑の画像は勝手に名前をつけているツヨン香が奥に隠れているユニークなロングモーンでした。台湾向けボトルでしょうか?

来年も開催されるようですが、また楽しみに一年過ごして参りたいと思います。

NON Peat ノンピート

名古屋駅南1丁目の小さなBAR  豊富なシングルカスクウイスキーとカクテル

0コメント

  • 1000 / 1000